【iPhone6s】バッテリー交換の無料期間は3年!過ぎたら有料

ども!ポンちゃんです。

現在まだまだ現役の「iPhone6s」ユーザーです。
こちら、例の「突然シャットダウンする問題に対するプログラム」対象。

この度晴れてバッテリー交換してきましたので、その一部始終を公開していきます。

iPhone6sの無料交換は3年まで。

渋谷のApple「GeniusBar」には時々立ち寄って、iPhone6sのバッテリー交換の待ち時間を聞いたりしてたんです。

いつもめちゃくちゃ混んでいるので、「また今度」を繰り返していました。

後、いやらしい考えとしては「バッテリー無料交換時期のギリギリまでiPhone6sを使ってから交換したい」願望がありました。

バッテリー交換を予約。

今年に入ってから以下の症状がiPhone6s上で頻繁に出るようになりました。

・フル充電100%でも電源ケーブルから抜いて5分使うとシャットダウン。

・シャットダウンしなくても普段使っている時のバッテリーの減り具合が尋常じゃない。

・かと思えば充電をはじめるとすぐ100%になったりする。

いよいよだな。と思ってしっかり予約してからiPhone6sのバッテリー交換をすることにしました。

シリアル番号を検索したら無料交換期間が過ぎちゃってた。

上記のサイトで自分のiPhone6sのシリアル番号を確認すると

入力された iPhone 6s のシリアル番号は本プログラムの適用対象です。以下のいずれかのオプションをお選びください。

このメッセージは確認できます。

ただdocomoのサイトで端末の利用期間を確認してみると「iPhone6sのバッテリー無料交換期間3年」を2ヶ月ほど過ぎちゃってる…

でも「iPhone6s側の不備でしょ?」ということで、なんとかなるんじゃないか(無料で)を胸に念のため代理店ではなく渋谷のApple「GeniusBar」を予約。

結局どうにもなんなかった。

予約の時間になったので渋谷のAppleへ。
やはり「無料交換期間を過ぎてるので、費用が税込で5,400円かかる」とのこと。

そういう時はゴネる感じではなく、極力かわいい感じで「どうにかなんないか」確認します。(42才になりました。)

でもどうにもなんない。
例えば以前Appleに来た時に履歴に残るアクション、バッテリー診断だけでもしておけば状況は違っていたかもしれない。とのこと。

自分にもいやらしい願望を含む落ち度があったので、新商品をすすめられはしましたが、5,400円の有料バッテリー交換をお願いしました。

スマホにしばられない1時間。

バッテリー交換が終わるまで1時間ということで、渋谷で時間つぶし。普段同様、自動的に「ポケモンGo」をやろうとしましたがスマホがないんです。

スマホがない出先の1時間。どう過ごすかという、ある意味過酷なミッション始動。

時間がわからない。

都会ならどこにでも時計なんかあるんじゃないかと思うんですが、ひとたびデパートみたいな施設に入っちゃうとわかんなくなります。

普段スマホで時間を確認している人は万が一のために、もう一台スマホを持っていた方が良いかもしれないですね。

解説

時計を持てば良い。

渋谷の街は結構喫煙所がある。

以前は渋谷駅のハチ公あたりに喫煙所がありましたが、現在はモヤイ像の隣やスクランブル交差点の角などに喫煙所が設けられています。

スーパー手持無沙汰が生じている筆者。一時間の間に何回通ったことでしょう。

MODIでアートに開花しちゃう。

都会って立ち止まることもできやしない。だから喧噪を離れて渋谷のAppleにほど近い「渋谷MODI(丸井グループ)」に立ち寄ります。

平日だと街中ほどの人もいないし、各階に休憩所が設けられているのでかなり助かります。

また本屋の品ぞろえが豊富というかコアなファンのみぞ知るようなアート系の分厚い本などがあるので、結構インスピレーションがアレになります。

本屋の中にも椅子があるので、立ち読みじゃなくて図書館みたい。
都会ってすごいですね。と思っていると1時間過ぎていました。

バッテリー交換の時、バックアップとって初期化しなくても良いみたい。

バッテリー交換前にiPhone6sを手渡した時、「あ、初期化されてるんですね。」の一言。

確かバッテリー交換する時の準備としてサイトに書いてあったと思う旨をしゃべりました。

が、まわりのお客さんで同様の方も多く、スタッフとのやり取りを聞いているとどうやら「初期化」しなくても良いみたい。

バッテリー交換の際にデータが飛ぶ、もしくは初期化される状態になっても文句ない」的なものに同意すればOKみたいですね。

途中の電源あるところで3、4時間かけて復元。

iPhone6sは初期化しているので、途中の電源とWifiがあるところで復元。

おそらく画像が数千枚あるせいで、これがなかなか終わらない。

パソコンで仕事をしながら待ちましたが3時間以上かかりました。
喫茶店とかで軽く復元しようかな、と考えていたので、もしそうしていたらと思うとZOZOっとします。

めちゃくちゃ調子良いiPhone6s

バッテリー交換の際にスタッフさんが「交換した場合に今までの不具合が解消されるかどうかは確約できない」旨をお話ししていました。

が、交換後は生き返ったように調子良い。

iPhone6sの前はガラケーとかブラックベリーとか使ってたので実質はじめてのスマホだったわけです。

購入当初からバッテリーの減りは早く、15分外で使う場合にはモバイルバッテリーが必要。電車に乗ったらモバイルバッテリーにつなぎながら使うという状態でした。

また「やっぱりスマホはものすごい電池くうな」って感じでそれが当たり前だと思ってたんです。でも現在は普通に使う分には充電しなくても一日使えるんですね。
これはおどろきでした。

まとめ:まだiPhone6sでバッテリー交換してない人はお急ぎを。

今回有料でバッテリー交換しましたがおねだん以上に満足しています。
私のようにギリギリまでiPhone6s使ってから…と思ってる人は、まずご自分が無料交換対象機種かどうか確認してから早めに交換された方が良いですよ。

この記事を書いた人

ポンちゃん

TriggerWORKS:Webマーケティング担当。
基本的には胃腸虚弱。